スタメンではない選手の保護者の心情を慮る(おもんぱかる)

  • URLをコピーしました!

小中高では、新人戦の真っ只中です。
どのチームにも、最高学年なのにスタメンで試合に出れない選手がいます。
そのとき、指導者は何を思い、どう行動しますか?

目次

最上級生でチームをつくる

 基本的に人数がいるなら、私は最上級生でチームをつくることを優先しています。
小学生なら6年生、中学生なら3年生で、スタメンを固めます。人数が足りないときは、下級生もスタメンで出します。
このチーム運営には、賛否両論が絶対に付きまといます。

チームの勝利を優先しないのか!

下手くそな我が子を使い続けていただき
ありがとうございます。

うまい下級生がくさってしまうぞ!

指導者のおかげで、上のステージでも野球を続けると言っています。

うまいと思われる選手を試合に出すのか、上級生を試合に出すのか、

指導者のチーム方針しだい

私は高校まで野球を続けて欲しい、ぜひ硬式野球を味わってほしいという根本的な願いがあります。

人間どこで急成長するか、わかりません。大会のある瞬間に覚醒した選手もいまいした

普段は下手だけど、大会では大活躍する選手もいました。

私には、野球を愛する選手の芽を摘むことはできません。

仙台育英高校の須江監督のように、数値で明確な基準を作成していれば、高校生なら納得できるかもしれません。

しかし、小中学生には心情的な部分が大きいと感じます。

それでも試合に出れない選手がいるときには

最上級生が9人以上で、13人いたら、そもそも4人は試合に出れません。

そういう場合の方が多いと思いますが、大切なのは選手に役割を与えてあげることです。

スタメンでは出れない選手には、1対1で話をします。

  • 守備がうまければ、守備固め
  • バッティングがよいので、代打専門
  • 足が速いので、とっておきの代走
  • 声が大きいので、ベースコーチ

その選手の特性を見極めて、役割を与えます。
押し付けではなく、話し合いをして、自分で決めさせることが大切です。
そのように試合での役割があれば、代打や代走で出ると、チーム雰囲気が明るく変わり、悪い流れも変えることができます。

スタメンで出れない選手の保護者には

親は我が子が試合に出れなくても、元気に家を出発して野球に行くのであれば、楽しく野球をするのであれば応援したくなります。
我が子が試合で出れないと泣いたり、練習に行くのを渋ったりすれば、親はどうしたらよいか分からなくなります。
指導者は、選手全員が野球を楽しくプレーできる環境や方法を考えればいいのです。
上記のように、選手に役割を与えて

代走でいけるように投手のくせを掴んでおいてくれ!

 誰かに必要とされれば、人は嬉しくなり頑張るものです。もちろん、こちらも本当に頼りにしていなければいけません

子どもの頑張る姿に、親は感動して涙を流します。

指導者は、子どもが頑張るように、その子にあった役割、居場所をつくってあげてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアしてください!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次