【永久保存版】甲子園で全国制覇したチームのシートノック

  • URLをコピーしました!
のせT

こんにちは!のせTです!
今回は、甲子園で全国制覇したチームの試合前のシートノックです!
私が春の甲子園で撮影してきました。
見苦しいところがあるかもしれませんが、お許しくださいね(^_-)-☆

この記事を書いている人です

  • 小学3年生で野球を始め、中学、高校と野球を野球を続ける。
    東京の国立大学に進学し野球指導と麻雀に没頭する。現在も草野球で活躍(?)中。
  • 元中学校教師、現在は中学野球専任監督で4チーム目
  • 新採用から中学軟式野球の指導者を続けており、2023年で21年目。
  • 主な戦歴【文部科学大臣杯第12回全日本春季軟式野球大会出場/第39,42回北信越大会出場/第21回全日本軟式野球大会北信越ブロック大会出場】

公式戦では、野球ではどのチームも試合前シートノックをします。

指導者は「5分間(小学と中学)7分間(高校)をどのようなノックをしようかな」と考えたことは一度はあるはずです。

私も若い頃は、地元の高校野球を見に行き、強豪校のシートノックを真似しました。

シートノック1つにも、監督の「野球観」が存在して、ノックを見ていると、どんな野球をしてくるチームかわかる時が多いですね。

シートノックを「相手に自分の強さを見せつける」「」

目次

仙台育英高校のシートノック

2023年春の選抜甲子園で、仙台育英高校のシートノックを見てきました。

仙台育英高校は言わずと知れた、夏の甲子園優勝チームです。いわゆる超強豪校です!

須江監督は、試合前シートノックをどのようなものと考えて、ノックしているのか。

ぜひ、考えながら動画をご覧ください。

内野ノック

内外連携

外野バック

内野ノック(クライマックス)

あわせてこちらもご覧ください

夏の甲子園で優勝後に、出版されてベストセラーになった書籍です。

須江航監督は、指導者として最初は中学軟式野球で監督をしていました。

中学でも全国制覇など、輝かしい戦績を残し、現職についています。

指導者だけでなく、一般の人もたいへん勉強になる書籍なので、一読の価値ありですね!

大阪桐蔭高校の試合前の円陣

こちらも2023年春の甲子園選抜大会での動画になります。

大阪桐蔭高校の選手たちも、こんな体操をして試合に臨んでいるのだと、とても勉強になりました!

熱い、暑い夏が始まります!

熱中症に気を付けて、練習や試合のがんばっていきましょう!

高校野球の名将の戦術書

Amazon kindleUnlitedなら無料で読めますよ

まとめ

高校野球から、たくさんのことを学べます!

甲子園に出場するようなチームから学べる機会は、なかなかありません。

しかし、地元の高校野球で十分だと思います。

常に「学ぶ姿勢」で、どんなチームからの「教わる気持ちをもつ」ことで、選手も指導者もどんどん成長できます!

ぜひ、頑張っていきましょう!

それでは、今回はここまでです!また、お会いしましょう!

追伸

死ぬまでにやり遂げたかった「自分の本」をついに出版しました!!
>>>【僕が教師をやめた理由(わけ)】
Amazon Kindle本で出版したので、Kindle Unlimitedに加入されている方は無料でご覧いただけます!
加入していたかどうかの確認はこちらからできます⇒Amazon Kindle Unlimited

Twitter:@nose_lesson ←「フォローといいねとRT」をお願いします!
    コメントには「#のせ塾」をつけていただければ、見つけられるのでお願いします。
    それでも、うもれてしまう可能性があるので↓

公式LINE「のせ塾」:←の登録もお願いします。(5秒で登録できます)
公式LINEでは無料で「学習サポート」「野球部の運営方法」「子育ての悩み解決」
無料サポートしてますので、今のうちに登録してくださいね(^^♪

↑を読むと、甲子園常連の監督の思考や野球への取り組み方がわかりますよ~

保護者の方も、上の野球を知りたい方はぜひ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアしてください!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次