バリアス(ピッチングマシン)のオススメと最適な使い方をレクチャーします!

  • URLをコピーしました!

こんにちは!のせTです!
今回は、オススメのピッチングマシーンとその効果的な使い方についてレクチャーしていきたと思います!
学童でも中学でも、1台はマシンをもっているチームが多いのではないでしょうか。
マシンをもっていないというチームでも、今回のレクチャーを参考にしていただいて、購入を検討していただいてもいいですね(^_-)-☆
それでは、始めます

この記事を書いているのせTです!

  • 小学3年生で野球を始め、中学、高校と野球を野球を続ける。
    東京の国立大学に進学し麻雀に没頭する。現在も草野球で活躍(?)中。
  • 元中学校教師、現在は中学野球専任監督で4チーム目
  • 新採用から中学軟式野球の指導者を続けており、2023年で21年目。
  • 主な戦歴【文部科学大臣杯第12回全日本春季軟式野球大会出場/第39,42回北信越大会出場/第21回全日本軟式野球大会北信越ブロック大会出場】
目次

オススメのピッチングマシンはこれだ!

私も選手時代からいろいろなマシンを使ってきましたし、現代のマシンも見てきました。
その中で一番のオススメはこれです!!

2年前に購入したバリアス

バリアス」というピッチングマシンです。
ん?ミズノとか、ZETTではないの?初めて聞いたという方もいるかもしてませんが、このマシンは最強最高です!
今まで使ったことがある中で、このマシンよりよかったものはありません。No1です。
私は、今のチームでも、前のチームでも保護者会にお願いして「バリアス」を購入していただきました。
かれこれ7年は使っています。
中学軟式野球の強豪チームはバリアスを4台、5台もっていると聞いたことがあります。
それでは、具体的に何がよいのかレクチャーしていきます。

性能に惚れた

バリアスは正確なコントールがピカイチです。軟式ボールが新品でもすり減っていてもコントロールがとても安定しています。
昔のマシーンは、ボールが古いと捕手も捕れないくらいのボール球が飛んできましたが、バリアスはまったく大丈夫です。
我がチームは予算がなくてマシンで使うボールはM号、B球、A球など新旧いろいろなボールが混ざっています。

我がチームのいろいろなボールたち

それでも、バリアスは安定してストライクゾーンに投球してくれます。マジ神です。
選手も死球を恐れず、バッティングに集中することができます。

多彩な変化球に驚き

我がチームがもっているバリアスだと6種類の変化球が投げられます。
・右投手のスライダー、カーブ、スプリット
・左投手のスライダー、カーブ、スプリット

中学生には十分すぎる変化球の種類です。
特に、左投手の対策ができるのが嬉しいですね練習では、左投げの選手がいない限り無理ですから
左投手の球筋を再現できるのはマシンの強みです。

耐久性がものすごい

バリアスのモータは田中電機さんが製造しているそうです。
私がバリアスを購入するときに、業者さんから「このモータは50年経っても壊れません!
それぐらい、ものすごい性能なんだと力説されました。
ただし、球を押し出すローター部分は摩耗してくるので、定期的に交換しないといけません
我がチームも3年でローターを上下とも交換しました

さて、以上がバリアスの推しポイントです。
これだけオススメしても私には1銭も入ってきませんが。笑

バリアス(マシン)の効果的な使い方!!

バッティング

速球打ち

マシンの強みは球速とコントロールの良さです。人では投げられない球速を打つ練習には最適です。
我がチームも120kmを打ち込む練習をしています。中学軟式野球で120kmはとても速いほうだと思います。
120kmが打てれば、県大会の豪腕投手も攻略できると思います。
また、スピンの効いた伸びのあるストレートを打つ練習も同時にできます

変化球打ち

こんな素晴らしい球場で打撃練習したいですね!

先ほどもありましたが、マシンは右投手、左投手どちらの変化球も投げられます。
相手投手の対策として、どちらも練習しておくといいですね。
我がチームも大会のときに相手投手を想定して球筋をみるという練習で変化球打ちをおこないました。

最後は人が投げるボールを打つ

マシンは速球も変化球も素晴らしいので、打つにはいい練習になりますが、唯一できない練習があります
それは、タイミングをとる、本来のバッティングです。
だから、我がチームは試合2日前からは、絶対にマシンは使わず人が投げて打撃練習をしていました。
打撃練習ではマシンと人が投げるのとでは、間の取り方が明らかに違います
試合前には実戦を想定して練習したほうがいいので、マシンを打つことはしていません

守備練習

私の最高のオススメの使い方です!!
外野ノックをマシンでします。
アメリカンノックやフライ捕球の練習時に重宝します。
人がノックするより、めちゃくちゃ高いフライをも正確に遠くに飛ばすことができます。
バリアスでの外野ノックを取り入れてから、外野は捕球ミスがなくなりましたし、守備範囲も広くなりました。(指導者の主観)
バリアスのおかげで、ノッカーがミスショットをして「ノー!」と叫ばなくてもよくなりました。笑
ただ、この練習も試合直前には人がノックをして、実戦の感覚に近づけることを忘れてはいけません

右手の添えが大切!

捕手の捕球練習

捕手のレベルに応じた捕球練習もできます。
初心者なら、突き指しないためのキャッチャーミットの捕球の仕方
中級者なら、ミットが落ちないような捕球の仕方。
上級者なら、ストライクに見せる捕球の仕方など。
指導者が選手に応じた練習を考えてあげてください。
あとは、捕球後の1塁送球、2塁送球、3塁送球の練習もマシンのボールで練習できます。
マシンのほうが、より実戦に近い球速や変化球で練習できると思います。

まとめ

  • ピッチングマシンは「バリアス」の一択!
  • マシンを効率的に使うことで、打撃も守備も経験値が大量に得られてすぐにレベルアップ!
  • 最後の仕上げはマシンではなく、人が投げたり、打ったりで実戦感覚に近づける!
  • マシンはすべての練習において、数を経験するためだと心得る!

それでは、今回の野瀬塾はここまでです。また、お会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアしてください!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次